草食系男子の恋愛日記⑤ガールズバーで

 

どうも

現役草食系男子のしげちゃんです。

 

今回は、第5話。

初デートで

ガールズバーに行ったときの話です。

 

これまでの話は↓から。

草食系男子と付き合うまでの3年間のストーリー:目次

 

草食系男子×ガールズバーの奇妙な化学反応と

僕らの初デートについてお楽しみください!

 

 

草食系男子、ガールズバーに行く

 

 

喫茶店で幽霊に関する論争を終え

軽い夕食を済ませたあと

いよいよガールズバーに向かいました。

 

雨上がりの薄暗い路地に

目的のガールズバーがありました。

 

ブルーとピンクのネオンで装飾されたその店は

バーのような雰囲気。

 

その時、僕は不思議とガールズバーに行くのに

緊張はしていませんでした。

 

隣にななおがいる、女友達がいる

っていうことが心強かったのかもしれません。

 

「よーし!ガールズバー体験するぞ!」

と少し意気込みくらい、楽しみな気分でした。

 

店に入ると中はこじんまりしており

僕たちはカウンター席に案内されました。

 

目の前には同い年くらいの

気の強そうなギャル風のお姉さん。

 

僕の意気込みはここでどっか行きましたね。笑

 

全く何を話せばいいのか分からない。
こういうタイプとは女性はどんな話題を話せば良いのだろう。

 

隣のななおはお店の様子を眺めており

何かを話し出す雰囲気手ではありませんでした。

 

「仕方ない、ここは俺から会話を始めるか」

 

と心に決め
第一声…

 

僕「お姉さん、剣道好きですか?!」

 

ななお・お姉さん「…」

シーン

 

何でガールズバーでお姉さんに話しかける第一声が

これだったのか、いまだに分かりません…

 

ふと頭に浮かんだのこの言葉だったんです。

 

しかもけっこう勇気を出して
振り絞った言葉でした。

 

それでこれかよ…

って感じですが。

 

まぁとにかく滑りましたし

めちゃめちゃ恥ずかしかったです。

 

しばらくしてから、お姉さんが困ったように

「はぁ?けんどうですか?」と。

 

「あ、もうダメだ、失敗した」

と思いましたね。

 

隣のななおにもさすがに苦笑いで

「ちょ、何言ってんの??」と言われました…orz

 

いや自分でも草食系男子っぷりは凄いと思います(;´・ω・)

 

付き合ってるの?

 

しかし、さすがはガールズバー。

お姉さんが気を利かしてくれ、何とか普通に話せました。

 

お互い剣道部であること

先輩、後輩だけども友達のような関係であること

を話すと

 

お姉さんが

「付き合ってるの?」

と聞いてきました。

 

ちょっとびっくりしてしまい

「違いますよ」と慌てて答えると

 

「あ、じゃあ付き合う手前って感じ?

今日はデートでしょ?」

となかなか突っ込んだ質問をしてしました。

 

ちょっと想定外の質問で

どう答えたらいいか分からず

 

「いやいやただの友達ですよ」

と答えた気がします。

 

ななおも少し戸惑った顔を見せつつも、同じように答えていました。

 

このときに僕は

「あ、そうか。
これはデートなのか。」

 

「はたから見たら

僕ら二人は付き合う前の仲のいい男女に見えるのか。」

 

はっと思いました。

 

ただ、その時は深く考えることはありませんでした。

 

ななおは何でも話せる女友達だ。

「下心はないし、こうやって一緒にいられればそれでいいし。」

とだけ考えていました。

 

その後は、他愛もない話をし

格別面白かった訳でもないので1時間ほどでお店を出ました。

 

「普通の女子大生と話してるのと同じだね」

とその時にはもう、お姉さんの

「付き合う手前って感じ?」という質問も忘れ

 

ガールズバーの感想を話ながら

僕とななおは帰りました。

 

つづく

 

今、思えば…
ですが

ガールズバーのお姉さんに突っ込まれた質問をされたとき

何かちょっと戸惑うような何かが

自分の中にあったように思います

 

ご質問やご相談ある方は、いつでもご連絡くださいね(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください