ななおとしげちゃんの自己紹介

 

はじめまして、ななおです。

 

私は1993年生まれの大学院生で、彼氏のしげちゃんは同い年の社会人です。

本ブログは、中高一貫の女子校で育ち、見た目も中身もさえないアニメオタクだった私が

さわやか草食系イケメンに告白されて幸せを掴むまでの記録と、その中で得た学びを共有することを目的として書いています。

 

—————-

 

私は大学に入学して初めて、本気で好きな人ができました。それが同じ部活の先輩である、しげちゃんでした。

入学してすぐにしげちゃんと仲良くなり何度か一緒に遊びに行ったものの、
私の最初の告白は、

「友達としてしか見れない」

と言われ、振られてしまいました。

 

それまであまり自分の人生に自信を持てていなかった私は、しげちゃんに振られてしまったことで余計に落ち込み、一時は病んでしまうほどになりました。

けれどもなんとか立ち直り、

「くよくよするのではなく自分磨きを頑張ろう」

と切り替えることができた後は、

自ら幹事となって合コンを開いたり、

興味のある男性に積極的に声をかけてデートを重ねたり、

女友達に酷評された服装とメイクを研究し直したり、

はたまた自分の恋愛への向き合い方を反省したり、

自分の中の欠け(サイトやメルマガでお話ししていきますね)を埋める努力をしたりと、

アクティブに、その時その時でできることをこなしていったのです。

 

そしてその半年後、もう一度しげちゃんに告白をしました。

けれども結果は、前回よりもはっきりと拒否されてしまうことになります。

 

しかし、私は諦めませんでした。

そしてその後もめげることなく、引き続き自分磨きにいそしみました。

 

そのかいあってか、

合コンで「一目ぼれした」と言ってくれた男性とお付き合いすることになったり、

バイト先やインターン先で初めて会った人にデートの誘いを受けることなども増えていきました。

 

しかしそのような経験を積んでいる一方で、

心の片隅には、いつもしげちゃんの面影がありました。

表面上は何事もないかのように過ごしていつつも、いつになっても忘れられていなかったのです。

 

二度目の告白から一年後、遊びに誘うだけならいいだろうと思い、

一度だけ映画に誘いましたが、

この時も、

「他の後輩と差別するようなことはできない」

といって断られてしまいました。

 

この時、もう二度と自分からしげちゃんを遊びに誘うことはしない、

と心に決めました。

 

 

そしてそれから約半年後です。

ななおが大学三年の秋に知り合った人で、素敵な人がいました。

彼との関係をどうするか悩んだときに、

しげちゃんとの関係を清算しなければならないと思い、

もう一度だけ、しげちゃんを遊びに誘うことにしました。

 

このときしげちゃんの反応が良くなければ、

しげちゃんへの未練を完全に断ち切ろうと心に決めていました。

 

しかし結果は、それまで頑なにななおを拒んでいたしげちゃんが、

急にデートに乗り気な素振りをみせ、

それからは頻繁に2人で遊ぶようになったのです。

そして偶然にも年明けごろに、秋に出逢った彼とは上手くいかなくなったのです。

 

そんななか、三月に入ってすぐ、

しげちゃんに呼び出され、

「ななおのことが好きだ。付き合ってほしい」

と告白されました。

さらに、

「二度も振っておいて今更と思うだろうが、今告白しなければ一生後悔すると思った」

とまで言われたのです。

 

ななおがしげちゃんに一目惚れしてから、ゆうに三年近くが経っていました。

しげちゃんが大学を卒業する直前のことでした。

 

————

 

私は3年間の片思いを通して色々なことを学びました。

・恋愛初心者がステキな恋愛をするために必要な“余裕”の身に着け方

・長い片思いを通して見えてきた「恋愛」の本質

・草食系男子の思考や行動の特徴と、口説き方

などなど。

そうです。私の彼氏であるしげちゃんはいわゆる「草食系男子」なのです。

片思い当初はあまり意識もしていなかったのですが、お付き合いを始めてから改めてしげちゃんを観察すると、はっきりと「草食系男子」であることがわかりました。

そして草食系男子の恋愛行動に照らし合わせて以前のしげちゃんの行動を見てみると、とてもはっきりと草食系男子の特徴が出ていたのです。

 

草食系男子は少し特徴的な思考の仕方をします。ですから、一般的な「男性の心理」にあてはまらないことも多々あるのです。

ななお自身、片思い当時、しげちゃんが何を考えているのか分からずに悩まされたことが何度もありました。

しかし今ならその理由が分かります。

なぜなら、しげちゃんは草食系男子特有の考え方をしていただけなのです。ですから、一般的な「恋愛心理」を当てはめても分かるわけがなかったのです。

 

 

3年間、私は本当に悩みました。たくさん考え、たくさん傷付き、何度も諦めようともしました。

けれども、本当に好きな相手のことを諦めることができず、

結果的には幸せな結果をつかみ取ることができました。

 

このブログは、悩み続けた中から学んだたくさんの知識や知恵を、ぜひ多くの人と共有させてもらいたいという気持ちで始めたものです。

・恋愛初心者だけど、素敵な恋愛がしたい

・恋愛がどんなものか分からない。理想の「恋愛」を追い求めたい

・草食系男子のことをもっとよく知りたい

そんな気持ちが少しでもある方ならば、このブログが多少なりともお役に立つことができるのではないかと思います。

私もまだまだ若造で、成長途中です。皆様と一緒に成長し、日々身に着けた知恵をどんどん共有させていただきたいと思います。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

当ブログを、ごゆっくりお楽しみください^^

 

<おまけ>

私たちは現在、ななおの進学先の大学院の関係で、

東京と京都という遠距離恋愛をしています。

 

普通、遠距離恋愛っていったら、不安で寂しくて仕方がないですよね?

 

ななおもその覚悟をしていたのですが、

いざ遠距離になってみると、

寂しさも不安も全くないのです笑

じぶんでも拍子抜けするくらいに全くないのです。

 

なぜか?

 

それは、

彼氏にとことん愛されているという自信と余裕があるからです。

 

しげちゃんは私に会いに来るために、新幹線の回数券を買ってくれています。

そして2週間に一度、金曜の夜に会社が終わるとななおの家にやってきて、

日曜の夜に帰るという週末を過ごしてくれます。

 

つまり遠距離恋愛になっても、

2週間に一度は、丸2日一緒に過ごすことができるのです。

単純計算すると、一緒の布団で眠れる日が7日に一度あるのです。

 

そりゃあ寂しさも不安もありません。

彼ができる限りのお金と時間と労力を、私に注いでくれているのが分かっているのですから。

 

3年間、辛いことはたくさんありました。いやむしろ、いやなことばかりでした。


けれど今こうして、しげちゃんと2人でいられることが本当に幸せです。

あの時諦めなくて良かった、最後まで「好き」を貫いてよかった、としみじみ思えます。

 

みなさんにもぜひ、そんな幸せを噛みしめて欲しいなと思います。

長くなりましたが、今度こそななおの自己紹介は終わります。

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました^^

 

 

 

 

 

はじめまして、しげちゃんです。

 

ななおの彼氏です。

 

そして、現役草食系男子です。

 

 

草食系男子と聞くと、「弱弱しい」、「情けない」、「ダサい」、、、などなどのイメージがあるかと思います。

 

でも、現役草食系男子の僕からすると、そういったイメージって、ちょっと偏り過ぎな気がするんですよね。

 

ま、そういう草食系男子もいますが、

強そうで、頼りがあり、オシャレな草食系男子もいます。

 

つまり、草食系男子の中には、世間のイメージとはちょっと違う草食系もいるんです。

 

実際に友達で、アメフト部のマッチョ系イケメンと一見モテそうなやつが草食系だったりしますからね。(笑)

 

僕も筋トレ好きで、サッカー好きで、剣道やってて、一見すると皆さんの草食系のイメージとはちょっと違うんじゃないかなと思います。

 

 

このままだと偏った草食系男子のイメージが広まってしまうと思い、

本ブログでは、リアルな草食系男子の特徴、行動、恋愛観について僕が書いています。

 

好きな相手が草食系男子かもしれないという方の参考になればと思います。

 

 

また、草食系男子は恋愛に積極的ではありません。

そのため、謎が多いと思います。

 

「私のこと好きなのかな?」

「付き合ってあとは、どんな感じなのかな?」

「草食系男子ってどんなデートが好きなのかな?」

「草食系男子ってどんな女の人が好きなのだろう」

 

いろんな疑問があると思います。

 

そんな悩みを少しでも解決できるようにお手伝いします。

 

記事で書いていること以外にも分からないことがあれば、質問フォームからお気軽にご質問ください。

また、恋愛相談などななおへの質問も受け付けていますので、困っていることなどあれば、ぜひご連絡ください。