「偽の恋愛」と「本当の恋愛」の違いって?

 

こんにちは、ななおです。

今回は、ななおの思う「恋愛」について書いていきたいと思います。

そもそも、「恋愛」ってなんだろう?「本当の恋愛」ってどんなものなんだろう?と感じていらっしゃる方への参考になると嬉しいです^^

 

「ギブ&テイク」の恋愛

 

恋愛ってなんでしょうか?

ななおとしげちゃんは、とても充実した幸せな「恋愛」をしていると思っています(笑) 私達の恋愛観は後で書きますね。

けれど、ななおやしげちゃんの周りの友人や知り合い達を見ていると、なかなか「良い恋愛してるな~」と思えるカップルはいないのです。(すみません(^^;))

 

なぜか?

 

ななおからみると、友人達の恋愛の多くが、

 

「自分の欠けているものを補うために相手(恋人)と契約関係を結んでいる」

 

ように見えるからです。

もちろん、ほとんどの場合は意識的ではなく、無意識的にです。

 

例えば、いつも彼氏が途切れないA子さんがいます。
なぜなら、A子さんは今の彼氏に不満があっても決して別れようとはせず、次の相手が見つかった時に、さっさと今の彼氏を振って次の彼氏とお付き合いを始めるからです。

 

こういうA子さんを見て、「うらやましい」と思うでしょうか?「すぐに次の相手が見つかってモテるんだなぁ」と思うでしょうか?

 

ななおは正直、「可哀そうな人だなぁ」と思います。

 

なぜならA子さんが、「彼氏がいないと寂しい人」のように見えるからです。言い換えるなら、「彼氏がいない自分を受け入れられないくらい、自分に対して自信がない人」に見えるのです。

 

A子さんは、自分に対して自信がありません。だからこそ、友人たちに彼氏の愚痴を言うわりに、「でも別れるのはちょっと…」と言います。彼氏と別れて独り身になることの方が怖いからです。

 

つまり、A子さんの「恋愛」の根本には「自信がない自分を飾り立ててくれる相手が欲しい」という欲求があるのです。ですから、こうした欲求に基づいている限り、A子さんにとっての「恋人」は、自分を飾り立てるための「道具」に過ぎないでしょう。

 

こうした例はただの一例です。実際にはもっといろいろなパターンで、もっと複雑な心理が隠されていると思います。

 

けれど結局は、突き詰めると、「自分の足りないものを相手に埋めてもらおうとしている」という構図が見えてくるような気がします。

 

そしてそういう心理が隠れていると、常に相手に何かを「求める」スタンスになります。もちろん、ボランティアでそれをしてくれる相手はいませんから、

「私はあなたにこういった価値を提供するので、その代わりにあなたは私にこれを与えてください」

という、契約関係が成り立つのです。

簡単に言えば、「ギブ&テイク」の関係性ですね。

お互いが暗黙のうちにお互いに与えられるものを確認し、OKをすると、「ギブ&テイクの契約」が成り立ちます。そして万が一、どちらかがその契約を破ると、2人の間に亀裂が生まれ、揉めたり、別れたり、ということになります。

 

ななおが周囲の人たちの恋愛を見ていて思うのは、こうした「ギブ&テイクの恋愛」をしている人たちが多いということです。

そして実際、一般的にイメージされる「恋愛」もこの形の恋愛だと思います。

 

そうでなかったら、「駆け引き」とか「束縛」とか、そんなものが恋愛の重要な部分として取り上げられることはないはずです。

 

けれど、ななおも、そしてしげちゃんも、そんな形の恋愛って、本当の恋愛と言えるのかな?と疑問を持っています。というか、もはや疑問ではなく、絶対に違うと思っています(笑)

 

「本当の恋愛」には愛情と感謝と幸せがある

 

「ギブ&テイクの恋愛」=「恋愛」と考えていたら、恋愛は常に、束縛するもの、めんどうなもの、駆け引きするもの・・・というイメージになってしまいます。

けれどそのように考えていたら、そりゃあ、「恋愛とかめんどくせ~!!」って言いたくなります(笑)

なんなら、草食系男子のように、「そんなめんどうなことするなら、最初から恋愛なんてしなくていいや」という思考になってしまうのも、ちょっと分かります。

 

でも、ななお自身、長い片思いを経てよ~く分かりました。

 

本当の恋愛って、人を好きになるって、ギブ&テイクじゃないんです。

 

相手のことを本気で好きになる。本気で相手の幸せを願える。そういう気持ちになったら、ただひたすら、自分の中が、あったかくて、優しくて、心地の良いエネルギーで満たされるんです。

 

相手を好きでいるだけで(付き合っていなくても)、幸せでいられるんです。

 

ただひたすら、ギブなんです。しかも、そのギブは自分を犠牲にしてのギブではなくて、自分の中が幸せで満たされるから、勝手に、「ギブしたい!」って思えるギブなんです。

つまり、

「私はあなたを想うだけで、自分の中を幸せと愛で満たすことができます。そして私がそんな風に幸せでいられるのは、あなたがいてくれるからです。だから私を幸せにしてくれるあなたという存在に感謝したいし、より一層、あなたを愛したくなります。」

というような感じです。

 

だから不思議なことに、「自分が相手に愛を与えている」って思っていても、実は、自分の中が相手から与えられた愛で満たされているから、自分が相手に与えることができていることに気が付くんです。(ちょっとややこしいですか?笑)

 

だから、本気で好きになって本気で恋愛したら、駆け引きとか、束縛とか、ま~ったく関係ないです。

 

ただひたすら、相手への愛情と、それが自分の中に満ちていることへの幸せと、そんな気持ちにさせてくれる相手への感謝です。そして感謝があるからまた愛情が溢れてきて、また自分が幸せになってまた感謝して・・・という無限ループです(笑)

 

長くお付き合いしているとふと、傲慢になってしまったり、相手をコントロールしようとしてしまったり、そんな気持ちが出てこないわけではありません。

けれどそんな時は初心に戻って、「自分をこんなにも幸せにしてくれるしげちゃんってなんて素敵なんだろう!なんてありがたい存在なんだろう!」と思うようにしています。

 

「本当の恋愛」を追い求めるみなさんにとって、少しでも今回の記事が参考になっていたら幸いです^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください