草食系男子の恋愛日記㉑決裂

 

どうも、現役草食系男子のしげちゃんです。

 

今回は、僕とななおが人生で1番仲が悪くなったときについて書きます。

本当に僕らはいろいろなことは経てここまできました…。

 

前回の話は↓からどうぞ。

僕とななおの3年間〈第20話:一生の間違い〉~草食系男子の恋が実るまで~

 

 

無視…

 

 

剣道部の幹部代決めのときの

僕のお粗末な、横柄な態度によって

僕とななおはいよいよ仲が悪くなりました。

 

ななおからせっかく提案メールを受け取ったものの

ほぼ考慮せず僕らの代の独断で幹部を決めました

 

ななおだけなく

下の代はみな不満があったと思います。

 

 

ななおはこの時期

僕と一切口を聞かなくなりました。

 

バイトで会っても部活で会っても目も合わせず

口を聞こうとしませんでした。

 

完全に無視されていました…。

 

 

当時の僕のななおに対する態度を考えると当然だと思います。

 

 

ななおとの関係が冷めていたころ

主将に指名したサヤカは普段通り僕に接していました。

 

ななおとの関係が冷めていたのもあり

普段通りに接するサヤカに気持ち的に甘えてしまっていました。

 

サヤカはもともと先輩に懐っこく

言い方悪いですが先輩に媚を売る的なところがありました。

 

その時の僕は「まだ慕ってくれる後輩がいるんだ」と勘違いしていました。

 

その勘違いからサヤカを特別扱いしてしまいました。

 

当時は無意識でしたが

贔屓してしまったと思います。

 

サヤカを贔屓したことで

さらにななおとの関係は冷えていきました。

 

ななおと僕が完全に仲が悪くなった時期です。

 

僕はななおとどう接していいか分からず

ただただ無視を決め込んだななおに対してどうすることもできませんでした。

 

つづく

 

ご質問や恋愛相談がある方は下記からどうぞ。

ご連絡お待ちしております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください