草食系男子の恋愛日記㉘心境の変化

 

どうも、現役草食系男子のしげちゃんです。

 

前回の話は↓からどうぞ。

僕とななおの3年間<第27話:衝突と話合い>~草食系男子の恋が実るまで~

 

今回は、ななおに対する僕の心境の変化について書きます。

 

 

ななおへの尊敬

 

 

ななおの幹部代が半年を過ぎ、ななおが大学3年生、僕が大学4年生になったころ。

 

僕のななおに対する心境に変化がありました。

 

 

ななおが幹部代の問題に一番に取り組み、部を引っ張ってくれたことに対し

大きな感謝の気持ちがありました。

 

元はと言えば、ななおの忠告を聞かずに幹部を決めた僕に責任がありました。

 

 

特にこの頃から

ななおを一人の人間として尊敬するようになりました。

 

幹部代がうまくいかない中で真正面からその問題に取り組み

部を運営したことは本当に尊敬します。

 

 

そして、この半年間は幹部代の問題に絡み

ななおと仲が悪くなったり、僕がななおに怒られたりした時期でもありました。

 

そういったことも経て僕とななおは

さらに何でも言える仲になっていたのではないかと思います。

 

ななおがより身近に感じるようになったとも言えます。

 

「ななおは一番、俺のことをよく知っている人間だ」と

無意識に他の人に言ったり…なんてこともあったようです。

 

 

恋愛感情は…

 

恋愛感情もあったかもしれません。

ただ僕自身、ななおへの恋愛感情はこの時はまだ自覚していませんでした。

 

 

ななおが身近にいることに慣れてしまい、それが当たり前だと思っていたのです。

そのため、「好きな人」というよりは、「何でも気を許せる仲間」といった感覚でした。

 

 

ななおの幹部代を務めた時期は僕らの関係性の中でも

一つのターニングポイントになっていたような気がします。

 

つづく

 

 

毎回書いていますが、この時のななおには感謝と敬意しかないです。

 

そして、僕とななお自身の衝突や話し合いを経て

よりななおを身近に感じるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください