草食系男子との3年間 57話:二番目同士 ~ななお篇~

 

こんにちは、ななおです。

前回はこちら、56話:8年後の未来から。

目次はこちらから。

 

二番目同士

 

年が明けたばかりの1月2日、三が日でいつもよりも極端に人通りが少ない新宿に、私とマサトはいた。

12月下旬に会う約束はなんとなく年明けに延期されていて、マサトと2人でのデートは随分久しぶりだった。

 

「卒論どう?」

 

チェーンの居酒屋に入って向き合って座り、最近の様子を聞く。

 

「とりあえず形にはなったよ。もうすぐ出せる」

 

「おー、おめでとう」

 

「そっちは?そろそろ卒論のテーマとか決め始めないとじゃね?」

 

ふいに自分に話を振られて少々困惑する。確かに4月になったら4年生だけれど、まだ卒論のことなんてろくに考えていない。そんな私の様子を見透かしたのか、そこからしばらく懇々と説教をされる。

この人といるともっと自分も頑張らなくては、一生懸命やらなくてはという気にさせられる。そんなところがマサトに惹かれたところであり、けれども同時に少し、自分が疲れてしまうところでもある。

 

「うん、わかった、考える」

 

久しぶりのデートだというのに少しテンションが下がり気味になりつつも、なにも反論できないので、そういうしかない。

 

「そういえば、クリスマス、どうだった」

 

私のテンションが下がったのを察したのか、それとも一通り説教が終わったのか、マサトが話題を変える。

 

「あ、クリスマス、楽しかったよ」

 

「プレゼントもらった?」

 

「ううん、もらってない。てか、私もあげてない。」

 

言いながら、クリスマスにはプレゼントが付き物だったことを今更ながら思い出した。お互いに用意してなかったから良いものの、何か渡すべきだったのかもしれない。

一人頭の中で考え事をする私の深層心理まで見透かそうとするかのように、じっとマサトが私を眺める。だから考え事を終わらせると、そんなマサトを見返し、逆に質問をする。

 

「マサトは?元カノとのデート、どうだった?」

 

その瞬間、マサトを包む空気がぐらりと揺れ、視線をさっと左に逸らす。

 

「別に、なにもないよ」

 

分かりやすい人だ。好きな人の話をされただけでこうも極端に動揺する。

 

「そうなんだ、残念だね」

 

動揺したことを恥ずかしく思ったのか、マサトはすぐに視線を戻し、もう一度私の目を正面から見つめた。その眼を見返しながら、見覚えのある眼だと思った。

私はこの眼を知っている。それは、1年以上前に中央線沿いのファミレスで別れ話をした時の、亮太の眼だ。

自分にとって心から大切な人のことを想っているときの、眼だ。

 

マサトが元カノとどんなデートをしたかとかどんな会話をしたのかより、それが一番の答えだった。そして、それで良いと思った。

なぜなら、それがまぎれもない今の私たちの関係性だからだ。お互いに一番ではないからこそ、他に想う人がいるからこそ成立する関係。二番目同士の関係。

そんな危うい関係でも、その時の私にとってはそれなりに愛おしいものだった。

 

「このあと、どうする?」

 

何気なさを装いながらマサトが言う。

 

「あぁ、うん。いいよ」

 

「おっけ、じゃあ行こう」

 

そうして私たちは居酒屋を後にした。

 

つづく(58話:初めての体験

 

客観的に見るととても不思議な関係ですね。お互いにお付き合いしている相手がいないからこそできたことだなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください