恋人との同棲のすすめ①

 

どうも、草食系男子のしげちゃんです。

さてさて僕らが引っ越してから2か月ほどが経ちました。

今回はパートナーと同棲する際のポイントを僕らが一緒に住んでみて
感じたこと中心に紹介します。

これから同棲する人は要チェックです!


出費の分担をきちんとする

 

お金の話は同棲はもちろん、結婚を意識するならなおさら大切なポイントです。

家賃や光熱費、食費、雑費…二人で生活していくうえでかかる費用を
まず2人どのように分担するのか話し合いましょう。

同棲する前にここは明確にしておきましょう。

同棲してから、お金のトラブルで別れてしまうカップルも多いようです。
お金はデリケートな問題でもあるので、どちらか一方でもおろそかにしてしまうと、負担する方はものすごくストレスになりますよね。

場合によっては、片方がすべて負担することもあると思いますが
そういった場合でも同棲前にどういった出費がかかってくるのか、2人できちんと確認しておきましょう。

ここは同棲前にきちんと決めておいてください。

家計簿をつける

 

同棲を始めてからは、家計簿をつけることをお勧めします。

先ほどの出費の分担を分かりやすくする目的もありますし、収支をきちんと見ることで、無駄な出費はないか、貯金はできているか、管理しやすくなります。

僕とななおはあらかじめ、毎月の収支を予測した表を作っています。
そこで、月の目標貯金額を決めているので、毎月きちんと計画通りに貯金できているか家計簿を使って確認しています。

目標よりもプラスの貯金ができていれば、翌月は少し贅沢したり
逆に達成できていなければ、翌月は外食を減らす、などコントロールしています。

特に結婚を考えてるカップルは、これから色々とお金がかかってくるので
しっかり貯金はしておいた方がいいと思います。

僕らは家計簿をエクセルファイルで管理していますが、今は便利なアプリもたくさんあるので、ぜひぜひ使ってみてください。

 

 

家事は分担しよう

 

当たり前のことですが、家事は一人だけに負担がかからないようにしましょう。

僕とななおは明確に役割分担はしていませんが、2人でご飯作ったり、一方が作ったら、洗い物はもう片方がやったり、自然と分担しています。

あと僕が掃除が好き、というのもあり、積極的に家事をやるようにしています。

残念ながら「家事は女性の仕事」というジェンダー差別的な考えが日本社会にはまだまだ多いですが、皆さんはぜひそうならないように、きちんとパートナーと分担しましょう。

男性の中には「俺、家事できないから」「家事は苦手だから」とあまり関わらない人がいるかもしれませんが、練習すれば誰でもできます。

僕も2,3年前は一人で味噌汁すら作れなかったですが、いまでは1日3食つくることもあります。

そこはきちんと努力して家事を身につけましょう。
このあたりもお互いに得意なことを教えあって、2人とも一通りの家事ができるようになるといいですね(^^)

というわけで、お金のことも、家事もどちらか一方に負担がかからないように
きちんと2人で分担して暮らすことが大切です。

これから同棲する人、いま同棲している人の参考になれば幸いです!

 

冴えないオタクだったななおがイケメン彼氏を手に入れるまでの過程は以下の記事からどうぞ
ななお 自己紹介

 

草食系男子との恋愛成就の方法について知りたい方はこちら

 

最後に、しげちゃんと付き合うまでの3年間のストーリーはこちらから読めます(/・ω・)/

 

ご質問や恋愛相談がある方は下記からご覧ください(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください