「君の読む物語」 あらすじ・感想・レビュー~運命の恋も行動しないと訪れない?!~

こんにちはななおです。

 

今回は、「君に読む物語」のあらすじ、そして感想 を綴っていきます。

何となくケーブルテレビで見てたのですが、見て良かったなぁと思いました。
心暖まる恋愛映画です。

そして、やっぱりどんな恋も行動がないと始まらないんだなとあらためて思いました。

ではでは、早速「君に読む物語」のあらすじを紹介します。

 

■「君に読む物語」あらすじ

映画は、老人男性が養護施設に入っている認知症の女性に物語を語るところから始まります。

舞台は、1940年代のアメリカ南部ノースカロライナ州にある小さな町です。

その町に住む青年ノア(ライアン・ゴスリング)は、
別荘にやってきたアリー(レイチェル・マクアダムス)と地元のお祭りで出会い、一目惚れ。
その場で半ば強引にデートの約束をとりつけます。

第一印象こそ強引なノアに対し、当惑するアリーでしたが、
デートを重ねるうちに二人は恋に落ち、愛し合うようになります。

しかし、良家であるアリーの両親は、小さな町に暮らす貧乏青年ノアとの交際に猛反対。
夏が終わるとアリーは都会に戻り、二人は離れ離れになってしまいます。

とはいえ、初対面で強引にデートをとりつけたくらいですから、
ノアは遠距離恋愛になったところで諦めません。

1年間365日、毎日、毎日、アリーに手紙を書き続けます。
しかし返事を待つノアのもとに手紙が返ってくることはありませんでした。
もう二人の恋は終わったかのようでした。
そして、第二次世界大戦が始まり、ノアは徴兵に行きます。

時を同じくしてアリーは、野戦病院の看護師として働き、
そこで出会った良家のイケメン弁護士のロンと婚約します。
両親も婚約に賛成で、ロンとの幸せな日々が待ってるいるはずでした

しかしある時、徴兵から帰ってきたノアは、たまたまロンと一緒にいるアリーを見かけます。
アリーの左手に結婚指輪がはめてあるのを見て、その時はノアはそのまま家に帰ります。

しかし、ノアはアリーを諦めた訳ではありませんでした。

ノアは自分の家を、付き合っていた頃アリーと話していた「理想の家」に改築することに決めました。
見事に立派な家ができ、地元紙に特集され、多くの買い手が現れますが、
ノアはどんな金額を提示されても売りません。

アリーの結婚式当日、アリーはたまたま地元紙に特集されたノアとその家を見てしまいます。
するとその場で卒倒。
結婚式も延期となりました。

アリーは自分の気持ちを確かめるようにノアの家を訪ねます。
そこでアリーはノアが離れ離れになった後、毎日、毎日365通の手紙を自分に送っていたことを初めて知ります。
実はこの手紙はアリーの母親がノアのことを忘れるためにと全て隠していたのです。

自宅に帰り、母親を問い詰めやっとノアのラブレターを手に入れたアリー。
アリーはロンとの婚約を破棄し、ノアの元へと戻ります。

こうして二人は結ばれ、ハッピーエンドです。

 

そして、実はこの物語は、
映画の最初に出てくるおじいちゃん(ノア)とおばあちゃん(アリー)の話なのです。

ノアは、認知症になってしまったアリーに、自分のことを思い出してもらうため、ずっと物語を語っていたという訳です。

 

■「君に読む物語」感想

まず、この映画を通して感動するのが、ノアの一途な愛です。
この映画を観ると、本当に愛は素敵だなと思います。

まず、離れ離れになった後、1年間365日手紙を書くなんて素敵ですよね。

今でもやっぱり、メールやラインではなく、手紙で気持ちを伝えられると嬉しいですもん。

そして、認知症になってしまったアリーに自分達の物語を話すのも、愛があってこそですよね。

誰でも愛してる人に忘れられてしまったら哀しいものです。
必死に自分を思い出してもらおうとアリーに語りかける姿に感動します。

 

離れ離れになり、手紙も届かず、終わったかと思いきや、
運やタイミングが重なり愛が実った二人を見てると、運命の恋のように思います。
というかこれだけ愛し合っているのですから、運命の恋だと思います。

ただ、この運命の恋も、半ば強引にノアがアリーをデートに誘ったことから始まりましたよね。
やっぱり、恋愛を成就させるためには何よりも行動が大切なんです。

例え運命の人に出会っても、何もしなければ何も起こりません。
そして、行動をおこすのは男子からとかもありません。女の子から起こしたっていいじゃないですか。

実際ななおとしげちゃんは、ななおの行動からすべてが始まりました。

素敵な人がいたら、まず行動です。
ノアのやり方は強引すぎるかもしれませんが、
場合によってはあれくらいの情熱があってもいいかもしれません。

あのとき、話しかければよかった、遊びに誘えば良かった、告白しとけば良かったと後悔のないように、行動しましょう。

ななおも何も行動せず、ずっと昔のままだったら、きっと今はしげちゃんと付き合っていないでしょう。
あのとき行動したからこそ、今の幸せがあるのです。

それでも行動が苦手だなと思う方は、以下の記事を参考にしてくださいね。
行動できない人から行動できる人へ

冴えないオタクだったななおがイケメン彼氏を手に入れるまでの過程は以下の記事からどうぞ
ななお 自己紹介

無料メルマガもやっています。サイトでは書けない深い話を書いています。
URL(準備中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください