成功したから分かる「押してダメなら引いてみる」が正しい理由4つ

 

こんにちは、ななおです。

 

今日は「押してダメなら引いてみる」ということについてお話ししたいと思います。

 

みなさんも片想い中、好きな人にアタックしてみたけど反応が良くなかったとか、拒否されてしまったという経験があるのではないでしょうか。

そういった場合、その後どういった態度を取るべきか分からなくなってしまいますよね。

 

そんなときにどうするべきか、

片思いから恋愛を成就させた先輩として、方法を伝授したいと思います。

 

 

引いたからこそ手に入れた両想い

 

まずは簡単な私の体験談です。

 

ななお 自己紹介に詳しいことは載っていますが、私は二度、しげちゃんに告白して振られています(笑)

つまり最初に押しまくって見事に撃沈したわけです。

 

そしてその時に、
「相手がその気じゃないときにいくら押しても意味はない」
ということに気づき、引いてみることにしたのです。

 

ただし、私のやった「引く」とは、そっけなくするとかわざと意地悪するとか、そういう意味ではありません。

そうではなく、今までオープンにしてきた好意をあまり見せないようにする、ということです。

ですから、イメージとしては「普通の友達」のような状態にする感じです。

 

具体的には、用も無いのに送っていたラインをやめて、本当に連絡が必要な時だけ連絡するとか、学校で会った時には普通に話すけれども2人でのデートには誘わないとか。

 

内心の気持ちをぐっとこらえて、普通の友達のように過ごすのです。

 

勿論ななおもたまには失敗してデートに誘ってしまったり、くだらないラインを送ってしまったこともあります。

しかし、意識的にそれをセーブすることはとても重要です。

 

そして両想いになった今だから言えることですが、
あの時に押し続けていたらきっとしげちゃんとお付き合いはできていなかっただろうなぁ、と思います。

「押してダメなら引いてみる」を実践したからこそ、今の幸せがあると確信しています。

 

 

押し続けるのはただの迷惑行為

 

ではなぜ押し続けるのがダメなのでしょうか。

 

みなさんも想像つくとは思いますが、

どんなことに関しても、拒否しているのに押し付けてくる人を好きになることはあまりないはずです。

だって拒否してるんですから。「いらないよ」と言っているのに、こちらの都合も考えずに「もらってよ!」と言い続ける人、鬱陶しいですよね。

場合によっては鬱陶しすぎて嫌いになるかもしれませんね。

訪問販売の人が嫌われることが多いのはこういう理由です。

 

ですから、拒否する相手に執拗に押し続けることは、自分の評価を下げるだけでメリットはどこにもありません。

場合によってはストーカー認定される恐れもありますので、決してやってはいけないことです。

 

 

引いてみると自分の視野が広がる

 

押していきたい気持ちをぐっと抑えて引いてみると、次第に周りのことが落ち着いて見れるようになります。

 

押している間はまさに「恋は盲目」で周りが見えない状態ですが、

引いて客観的になると、相手の嫌なところや良いところ、自分が置かれている状況、周囲の状況などがよく見えるようになり、視野が広がります。

 

もしかしたら片想い相手よりも素敵な異性を見つけるかもしれないし、
相手の嫌な部分に気づいて自分の気持ちが冷めることもあるかもしれません。

もちろんそれはそれで良いことです。

冷静になることで、自分の人生にとってのより良い判断を下すことができたわけですから。

 

しかし冷静になってもなお相手のことが好きな場合や、冷静に分析した結果、以前よりももっと相手のことを好きになってしまうこともあります。私の場合もそうでした。

 

そういう場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

 

現状を知ることで成功への道が見える

 

引いてみてもなお相手のことが好きな場合、

さらに落ち着いてよ~く現状を分析してみましょう。

 

例えば、なぜ彼は今の自分を好きになってはくれないのか?と考えてみます。

それに対する答えが

「付き合っている彼女がいるから」だとしたら、彼女と別れるまで待つことになります。(場合にもよりますが)

「他に好きな人がいるから」だとしたら、彼とその好きな相手の恋の様子を見守りつつ、彼の好みのタイプを探る必要があります。

「あまり好みじゃないから」だとしたら、彼の好みに近づくような努力が必要になります。

 

このように、現状を正しく知って分析をすることで、初めて片思いを実らせるための道すじが見えてきます。

 

彼と付き合うというゴールがあったとしても、自分が今どこにいるのか?が分からなくては正しい道筋も見えませんよね。

ですから、その地図を正しく把握するためにも一旦引いて客観的になる必要があるのです。

そして正しい道すじが見えたら、そこからまた片思い第二弾の始まりです。
よりパワーアップして、彼を落とす日を虎視眈々と狙っていきましょう。

 

 

引くと相手が追いかけてくる場合がある

 

あとは、幸運なパターンですが、
引くことによって逆に相手が追いかけてくる場合もあります。

 

これは、

・今まで自分の側にいた人がいなくなることで急に寂しくなった

・本当は好きだったのに素直になれないだけだったから、引かれて焦った

・自分を好きだと思って安心していたのに、いなくなってしまって焦った

などなどの理由が考えられます。

 

しかしいずれにしても、押すのをやめて引くことで相手の態度が良い方に変わることもあるということです。

 

 

以上、押してダメなら引いてみる、が正しい4つの理由を挙げてきました。

みなさんも参考にして、片思いを実らせてくださいね!

 

 

冴えないオタクだったななおがイケメン彼氏を手に入れるまでの過程は以下の記事からどうぞ
ななお 自己紹介

 

草食系男子のセックスについて知りたい方はこちらからどうぞ

 

草食系男子との恋愛成就の方法について知りたい方はこちら

 

最後に、しげちゃんと付き合うまでの3年間のストーリーはこちらから読めます(/・ω・)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください