遠距離恋愛中の草食系男子の本音とは?

どうも、現役草食系男子のしげちゃんです。

 

僕とななおは現在、東京と京都の遠距離恋愛中です。

 

前回、前々回とななおが遠距離恋愛のコツを書いていましたね。

 

「遠距離恋愛の不安を取り除くコツ 前半

 

「遠距離恋愛の不安を取り除くコツ 後半」

 

 

 

 

そこで、今回は僕が遠距離恋愛中の男子の心理を書いていきたいと思います!

 

 

 

寂しさを感じるとき

 

 

遠距離恋愛になると、なかなか会えなくて寂しい…

 

よく聞く話ですよね。

 

正直、僕は遠距離恋愛になったからといって特別、寂しさを感じたことはあまりないです。

 

月2回会えていますし、毎回お泊りなので、そこでしっかり恋人タイムを満喫しています。

 

というか月2回会っている時点で、もはや”遠距離恋愛”している実感もそんなにないです(笑)

 

 

それでも、やっぱり寂しさを感じる時はあります。

 

それは、帰りの新幹線の中です。

 

楽しい時間が終わってしまった虚しさと、しばらくななおに会えない寂しさがこの時はこみ上げてきます。

 

「会いたいな~」と一番感じるときかもしれません。(´・ω・`)

 

 

浮気の心配は?

 

 

“遠距離恋愛”となると、お互いの浮気の心配をするカップルもいるかもしれません。

 

でも、その心配って”遠距離恋愛”は関係ないと思います。

 

別に”遠距離恋愛しなくても浮気する人はしますからね。

 

 

僕は、そういう心配をしたことは全くないですし、心配されたこともないですね。

 

ここはほんと、二人がちゃんと信頼し合える仲かどうかだと思います。

 

信頼し合える仲であれば、そもそもそういう心配自体が湧きません。

 

 

合う頻度が減ると、別れるんじゃ…

 

 

あと、遠距離恋愛になるとなかなか会えなくなって、別れるんじゃないかという不安もあると思います。

 

この不安は僕も分かります。

 

合う頻度が極端に少なかったら、寂しさも増すだろうし、二人の関係も冷めちゃうかもしれません。

 

実際、知り合いのカップルが遠距離恋愛になり、半年に1回しか会わなくなり…別れちゃった、というケースを知っています。

 

 

僕は、実際に”会う”ことが遠距離恋愛では大切だと思っています。

 

というか、会いたいという気持ちが強ければ、自然と会う頻度は増すはずです。

 

色々な事情によって、違うとは思いますが、会う頻度もお互いの気持ちを反映するのかなと思います。

 

 

別れちゃったカップルは、名古屋-東京の距離でお互い社会人だったので、もうちょっと会えたんじゃないかなと感じますし。

 

男の方は別れを切り出されてから、「もっと会いに行くから」と言ったそうですが、相手の気持ちが冷めてからじゃ遅いですよね…。

 

 

相手が大切で、失いたくないという気持ちが強ければ、自然と会いにいきたくなるものです。

 

僕は月2回、京都に行っていて周りから、「大変じゃない?」とか聞かれますけど、全く大変じゃないです。

 

自分の好きでやっていることですからね。

 

大変とうよりも、むしろ楽しいです。

ななおに会えますし、京都も素晴らしい場所ですし。

 

遠距離恋愛になった時、会いに行くのが苦痛と思ってしまうのか、それとも自然と会いに行きたくなって、その機会を楽しめるのかで二人の関係性は大きく変わると思います。

 

遠距離恋愛では、ある意味、お互いの気持ちを確認するいい機会になるかもしれませんね!

草食系男子の恋愛について、もっと知りたい方は↓

 

草食系男子が好きなセックスのシチュエーションとは?

 

草食系男子が思う理想の女性とは?

 

片思い、恋愛成就の秘訣を知りたい方は↓

 

経験者が教える、辛い片思いを楽しく変えるコツとは?!

 

恋愛成就したいなら草食系男子を狙うのが一番の近道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください