草食系男子の恋愛日記⑥メイド喫茶×ツンデレ喫茶!?

 

どうも、現役草食系男子のしげちゃんです。

ここ最近、僕とななおのストーリーを連載していますが

多くの方に読んでいただき感謝です!

 

感想や質問、恋愛相談などあればいつでも

お問い合わせからご連絡くださいね♪

 

今回は、6話。

僕とななおの2回目のデートについてです。

ツンデレ喫茶とメイド喫茶

 

初デートのあとも部活で

ななおとは週2回ほど顔を合わせていました。

ときどき、皆でご飯にいったりもしていました。

 

ある日の部活後、ななおと
メイド喫茶の話になりました。(笑)

 

もともと、ななおがいわゆる”腐女子”

ということは聞いました。

 

僕は全く知らない世界だったので

二次元とか秋葉原とかに興味を持っていました。

 

また、高校時代に見た「腐女子彼女」という映画で

メイド喫茶や執事喫茶が出てきたのを思い出し

そう言えば、高校時代メイド喫茶とか行ってみたかったな

とななおと話していました。

 

ななおによると

メイド喫茶だけでなくツンデレ喫茶なるものも

あるようで「それは面白そう!!」

ということで二人で”喫茶”巡りを

することになりました。

 

これが僕とななおの2回目のデートです。

 

1回目がガールズバー

2回目がメイド喫茶となかなか異色なデートですが

これもまた僕たちらしいです。笑

 

ななおから2回目のデート(メイド喫茶)に誘われたときも

自然にOKの返事ができました。

 

普通だったら(特に草食系男子は)

女の子から二人きりで遊びに誘われたら

ちょっと躊躇します。

 

「ん?これはどういうことだ?」
「二人っきりかー、どうしよ…(-ω-;)」

 

と悩むと思います。

 

でもななおから誘われた時は

1回目も2回目も自然にOKできました。

 

特に躊躇することもなく

むしろ嬉しく、普通に遊びにいくのが楽しみでした。

 

ただこの楽しみというのが

女の子と遊びにいくからというよりは

仲のいい友達と遊びに行くから

だと感じていました。

 

女の子で「仲のいい友達」と思えるのが

どんなに特別なことか

当時は全く気付いていませんでした。

 

相手が “女の子だから” 遊びに行くのが楽しみというのは

表面的なもので

ななおと遊びに行くのが “友達として” 楽しみということが

どれほど本質的なことか

当時の僕は分かっていませんでした。

 

このときは

ななおのことを

友達だから一緒にいたいし

遊びにいくのも楽しいし

仲良くできる

 

そう考えていました。

 

そうして、僕らは二人で

秋葉原のメイド喫茶に行くこととなりました。

つづく

次回は、2回目のデートについて書きますね♪

 

ご質問やご相談ある方は下記のお問い合わせからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください