草食系男子が恋愛をして思うこと~現役草食系男子の本音の恋愛観④~

どうも、しげちゃんです。

 

ななおの彼氏で現役草食系男子です。

草食系男子の恋愛観について紹介しています。

ななおの記事、「恋愛経験は少ないけれども本気の恋をしたい人に、草食系男子がおススメな3つの理由」を読んでない方は、まずこちらを読んでください。

 

ななおと付き合う前は、絶食系に近い、草食系でした。

ななおが記事で書いたとおり、別に独身でも人生楽しいから彼女いらないなんて思っていたこともありました。

しかし、ななおと付き合ってからは、好きな人がいるってなんて素晴らしいんだろう!
と日々感じています。

ということで、今回は、僕の実体験をもとに、草食系男子が彼女をゲットして思うことについて書いていきます。

草食系男子は愛の素晴らしさに気づいてないだけ

 

草食系男子って淡泊そう
付き合ったとしても、ちゃんと愛してくれなさそう

そう思う女性も多いんではないでしょうか。
無理もありません。
草食系男子は、日頃から恋愛に積極的でないですからね。。。

ただ、これは彼らが愛し愛されることの素晴らしさに気づいてないだけです。
僕もその一人でした。

別に独りでも楽しい。
男友だちと仲良くやってるし、彼女別にほしくない

と考えていました。
でも、これは人を愛すること、そして愛されることを経験していない、というか知らなかったからです。

ななおのことも仲のいい女友達だと思っていました。
しかし色々あり、幸いにもななおがとても大切な存在だと気づき、その時初めて僕は人を愛することを知りました。

そして、幸いにもななおと付き合うことができ、恋人の素晴らしさを知りました(本当にななおには感謝です)。

それからというもの、僕の人生は変わりました。
というか、僕自身も変わったと思います。

以前の僕は、彼女がてきても、彼女よりも男友達、彼女よりも趣味のサッカー観戦を優先するだろうと考えていました
あっさりした付き合いがちょうどいいと。

しかし、今ではできるだけななおと一緒にいたいと思います、

付き合うことができて、本当に良かったと思いますし、ななおのことは大切にしたいと思ってます。

こんな風に考えるようになったのも、女性を愛し、愛されることの素晴らしさを「知った」からです。

草食系男子は、そのことに気づけば、自分の好きな人をとことん愛し、大切にすると思います。

草食系男子は、一途な恋をする

 

草食系男子は、恋愛経験に乏しいです。
そのため、恋の素晴らしさに気づくまでは、恋愛に対して淡白かもしれません。

しかし、その反面、軽い気持ちで恋をすることはありません。
おそらく恋をしているとしたら、本気です。
とりあえず、付き合っとくかというようなチャラ男的な発想は根っから持ち合わせていません。

なので、本気の恋をしたい女性は草食系男子はぴったりだと思います。
草食系男子と付き合うことができたとしたら、彼はあなたを本気で愛していると考えて間違いないと思います。

彼は元々女性に興味なかったのに、あなたのことは好きになったのです。
あなたは特別な存在なのです。

僕もそうです。
ななおほど好きなった人は、男子、女子関わらず他にいません。
こんなに人を大切にしたいと思ったこともありません。

僕はマイペースで、人に合わせるより自分のしたいことを望むタイプでした。
特にプライベートでは、自分のやりたいことを優先していて、友達の遊びの誘いを断ったりもしてました。

ですが、ななおといるときは、自分の望みより、ななおの望みを叶えてあげたい、優先させたいと思います。
ななおの望みが叶うことが僕の望みであったりするのです。

それは、ななおが今まで唯一、僕が恋している女性であり、大切な存在だからです。

女性の中には草食系男子は愛してくれなさそうだと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはないです。
あまり恋に落ちることがない草食系男子だからこそ、ひと度あなたを好きになったら、本気で愛してくれるはずです。

皆さんの恋、応援してます!

 

この記事に興味を持った方は、是非以下の記事も読んでみてくださいね。

 

恋愛経験が少なくても、たった一つの条件をクリアすれば草食系男子を攻略できる

絶食系男子に近い草食系男子を落とした実体験

 

冴えないオタクだったななおがイケメン彼氏を手に入れるまでの過程は以下の記事からどうぞ
ななお 自己紹介

無料メルマガもやっています。サイトでは書けない深い話を書いています。
URL(準備中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください