草食系男子の恋愛日記51-告白のあとに…

 

どうも!お久しぶりです!
現役草食系男子のしげちゃんです。

そして、久しぶりのななおと付き合うまでの恋愛ストーリーの記事です。

僕が3年経ってようやく告白し…

無事付き合うことができた僕らですが、まだまだ続きがあるのです。

今回は、その後日談について書きます。

 

「嬉しくない」

 

ななおに告白し、付き合い始めた翌日、ななおから電話がかかってきました。

第一声で、「付き合い始めたのに、全然嬉しくないんだけど…」と言われました。

こう言われたときは、「付き合い始めたばっかりなのに、なんで…」と落ち込みましたが、ななおの話を聞いて改めて自分のこれまでの言動を反省し
「ななおを大切にするぞ」という気持ちが一層強まりました。

 

まず、背景から話します。

僕の恋愛話

 

ななおに告白した後、実は僕はこれまでの自分の恋愛話をななおにすべて打ち明けました。

 

・半年ほど前に彼女がいて、2ヵ月で別れたこと

・部活のほかの後輩から告白されていたり、バレンタインプレゼントをもらっていたこと

 

この時は、ななおは「むかつく~」とだけ言い
僕もななおが好きだし今ななおと付き合えたし、もう過去のこととして、簡単に片づけていました。

しかし、3年間もの間、想いを寄せてくれていた、ななおからすれば
そんな簡単に片づけられることではありません。

この時でも僕は、ななおの気持ちをちゃんと理解できておらず
自分に都合のいいように解釈していたのでした。

 

そうした経緯で、翌日ななおから電話がかかってきたのです。

ななおの気持ちと募る想い

 

ななおからは

・これまで3年間ずっと想いを寄せていたこと

・その中で、僕は他の人と短期間の付き合いをしてうまくいかなかったあとに
なおに告白するとは、虫が良すぎないか

・ななおのことは、僕はこの3年間どう想っていたのか

 

ななおから、これまでの3年間の想いをすべて聞きました。

こんなに愛してくれる人がいるなんて、僕はなんて幸運なんだろう
そう、思います。

 

そして、

・これまで人を好きになることがどういうことか、自分自身分かっていなかったこと

・ななおと一緒にいるときが、一番幸福な時間であること

・ななおのことを好きでいる自分が、一番自分らしくいられること

僕もななおへの想いをすべて話しました。

2回も告白を断ったやつが、告白をするなんて虫が良すぎるのは分かってます。

それでも、ななおに想いを伝えずにはいられませんでした。

ななおへの気持ちは本物の愛だという自信があり
これからもななおと一緒にいたいという思いで一心不乱でした。

2、3時間くらい電話していたと思います。

最後には、ななおを2度と悲しませない、2人で幸せになる

と一層、ななおへの想いが募りました。

 

つづく

 

恋愛相談や質問がある方は、下記からどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください