草食系男子が考える「男が女の尻に敷かれた方がいい」理由とは?

どうも現役草食系男子のしげちゃんです。

今回は、僕の恋愛観、結婚観について話します。

世の中には、色んなカップルがいますが、僕は男が彼女の尻に敷かれているカップルこそ、仲が良いカップルだなぁと思います。

夫婦に関しても同じです。

皆さんもどうでしょう。
そのような感覚ありませんか?

そう感じる理由について考えていきたいと思います。

「男が尻に敷かれる」=「男女平等」では?

男が尻に敷かれる

と聞くと、男<女の構図を思い浮かべると思います。

彼女が強く抵抗できない弱い彼氏、男を支配する怖い女みたいなイメージですよね。

ホントにそうでしょうか。

僕は、世の中の人が誇張してこの表現を使っているケースも多いように感じます。

カップル・夫婦と聞くと、「男が女性をリードする」、「女性は男性についていく」といったイメージが世間にあるような気がします。

つまり、女<男の構図が当たり前のように受け入れられているのではないかと。

だからこそ、ちょっと女性が強かったり、ちょっと女性が意見を言ったりするだけで、「あそこは男が女の尻に敷かれている」なんて言われるんじゃないかと。

現に、「女が男の尻に敷かれている」なんて表現はないですからね。
おそらく、それが”当たり前”ということなのでしょう。

僕は、「男が女の尻に敷かれている」というのは、「男も女も言いたいことが言える関係」、つまり平等な関係にあることを表すのじゃないかと思うのです。

だからこそ、男が女の尻に敷かれるくらいがちょうど良いのではと思うのです。

僕の家系はみんな「かかあ天下」

僕の家系、祖父母、両親ともにいわゆる「かかあ天下」です。

おじいちゃんも、お父ちゃんも、ばっちりおばあちゃん、お母ちゃんの尻に敷かれています。笑

つまり、、、
夫婦平等ということですよ!

だから物凄く仲が良いです。

両親は、二人でよく旅行しますし、フルマランソンを一緒に走ったりなんかもしています。
子バカですが、良い夫婦だなぁと思います。

それは、やっぱり二人がお互いをリスペクトしているからだと思うんですね。

かかあ天下も同じで、男女平等、夫婦円満を表しているのかもしれません。

二人とも50代ですが、世間には同じ50代夫婦でも、全く話さない、一緒に出掛けない、寝るのも別の部屋、なんてケースも多いと思います。

そんな夫婦は、いわゆる「亭主関白」が多いんじゃないかと思うんです。

亭主は関白
つまり、一番えらい。

女<<<<男

みたいな関係性です。

若い頃は、そんなこと気にならなくても、歳をとるにつれ、不公平感、夫に不満を言えないもやもや感が募り、終いには愛が冷め、会話のない夫婦になってしまうんじゃないかと。

かかあ天下であれば、女性も何でも言えるので、歳をとるにつれ、お互いへの理解が深まり、リスペクトにつながり、仲がますます良くなっていくんじゃあないかと。

だから僕は、
男は女の尻に敷かれるべきで、かかあ天下であるべきだと思うのです。

皆さんはどう思いますか。

 

草食系男子に関する記事、他にも書いてます。

よろしかったら、読んでください。

「草食系男子の乙女な一面は、自由の象徴!?」

「~草食系男子ってセックスに興味あるの?~現役草食系男子が語るセックスの話」

 

僕の彼女、ななおの自己紹介、記事は下記から!

 

恋愛経験が少なくても、たった一つの条件をクリアすれば草食系男子を攻略できる

絶食系男子に近い草食系男子を落とした実体験

 

冴えないオタクだったななおがイケメン彼氏(僕です!w)を手に入れるまでの過程は以下の記事からどうぞ
ななお 自己紹介

無料メルマガもやっています。サイトでは書けない深い話を書いています。
URL(準備中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください