草食系男子が3年越しに告白を決意した理由とは?~後編~

どうも、現役草食系男子のしげちゃんです。

 

お待たせしました。

 

草食系男子の僕がななおに告白を決意した理由の後編をお届けします。

 

なぜ、今までななおへの気持ちに向き合ってこなかった僕が素直に自分の気持ちを認め、告白することができたのか。

ぜひ読んでください。

前編は↓

草食系男子が3年越しに告白を決意した理由とは?~前編~

 

 

■ななおを失いたくないという気持ち

 

これまでは、ななおへの「好きだ」という気持ちに素直に向き合えなかった僕。

ななおに自分の気持ちを伝えるのを怖がっていた僕。

 

しかし、正月にもうどうやっても、自分の気持ちに言い訳できないことがありました。

 

ななおからラインで相談を受けたのですが、その内容が「他の男子とデートに行ってきた話」だったのです。

 

しかも確実に、僕より親密な関係のようでした。

 

その時、ものすごいショックを受けました。

ライン上は平静を装っていましたが、もう一気に落ち込みました。

 

正月だというのに、人生で初めて食欲が失せました…。

 

 

このときに、やっと、自分の気持ちに素直になれました。

 

僕はななおが好きだと。

それも女性として好きだとしっかりと感じました。

 

正直、恋愛ごとでこれほどショックを受けたことはありませんでした。

むしろ、「失恋して落ち込むなんてそんなことあるのか?」と思っていたほどでした。

 

おそらく、それまでは本気で人を好きになったことがなかったのだと思います。

 

本気で好きだからこそ、失恋したときに、ものすごいショックを受けるのだと思います。

 

ただ幸いなことにその男性とはうまくっていない様子でした。

 

まだチャンスはあると思いました。

そして、卒業前に絶対に告白しようと誓ったのです。

 

 

■何もしないで後悔するのは嫌だ。

 

 

僕の決意を後押ししたのは、「何もしないで後悔するのは嫌だ」という気持ちです。

 

それなら、ふられてもいいから、気持ちを伝えようと思いました。

 

しっかり好きだと、これからも一緒にいてほしいと言おうと決めたのです。

 

このときに、よく聞いていた秦基博さんの「鱗」という歌はどこか自分に重なる部分があり、勇気をもらいましたね。

 

 

それまでは自分の殻を破るのが怖かったのですが、やっと自分の気持ちに素直に向き合えることができました。

 

決意してから告白するまで2ヵ月かかりましたが、それは焦りたくなかったからです。

 

内心めちゃめちゃ焦っていましたが、ななおがその男性ともう会う様子もなかったので、何度かデートしてから告白しようと決めました。

 

そして、「卒業までには必ず」と決め、本当はディズニーランドで告白しようと思うもできず…結局半ば強引に代官山に呼び出し、告白しました。

 

OKをもらいましたがこれまでいろいろあった二人なので、そのあともしっかりと二人できちんと話をし、お互いの気持ちを確認して、付き合うことができました。

 

そして今に至る…という感じです。

 

 

 

草食系男子の僕がななおに告白するまでの経緯はこんな感じです。

 

この記事を読んでいる人の中にも、自分の殻を破るのが怖くて、相手に気持ちを伝えるのが怖くて、「友達のままでいいや」と思っている人は多いかもしれません。

 

ただ、その人を失っても大丈夫かと考えたとき、とてつもなく切なくなるならば、あなたはその人のことが心から好きなはずです。

 

僕の場合は手遅れになる直前でした。

 

本当に自分の気持ちに素直になって良かったと思っています。

 

大切な人ができたら、素直になって相手に気持ちを伝えることが大切だと思います。

 

皆さんの恋も素晴らしいものになることを祈っています。

他にも記事書いてます。

 

草食系男子が好きなセックスのシチュエーションとは?

 

草食系男子が思う理想の女性とは?

 

ななおの記事は↓から

 

経験者が教える、辛い片思いを楽しく変えるコツとは?!

 

恋愛成就したいなら草食系男子を狙うのが一番の近道?!

ななおとしげちゃんの自己紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください