草食系男子との3年間⑬:運命の日 ~ななお篇~

 

こんにちは、ななおです。

前回はこちら(12話:告白の準備)から。

目次はこちらから。

今回は13話です、どうぞ^^

 

運命の日

 

9月一週目の勝負の日は、まだまだ暑いくせに時折思い出したように小雨が降る、微妙な天気の日だった。

待ち合わせの10時よりも早めに鎌倉駅に着いた私は、女子トイレに入って丹念に身支度を整えていた。

アイラインを引き直し、リップももう一度しっかりと塗る。ハーフアップにした髪はきちんと整えてあるし、スカートには汚れもない。

 

「よしっ大丈夫!」

 

心の中で掛け声をかけると、胸を張って改札に向う。

 

「お待たせ」

 

改札を出ると、すでに待っていたしげきに声をかける。

 

「おう」

 

しげきはそう言って耳につけていたイヤホンを外す。

 

「じゃ、行きますか!」

 

「おっけ!」

 

そう言ってそのまま江ノ電に乗り継ぎ、予定通りに江の島に向かった。

 

駅を降りると江の島へと続く長い道路を歩く。両側には海が広がっていて、水上バイクで遊んでいる人たちが何人もいる。

島に着くと狭い上り坂に土産物屋がぎっしりと並んでいて、それなりに人がいる。

 

「9月なのにあっついな!ハーフパンツにすればよかった」

 

人混みの中でしげきが愚痴を言った。

 

ざわざわした道を早々に抜けて展望台に上ると、そこはあまり混んでいなくて、私達の外には2,3組のカップルしかいなかった。

 

「おおー、いいね!」

 

海が好きなしげきはそう言って、身を乗り出すようにして四方の風景を眺め始める。

さっきまで曇っていた空は、今は明るい水色の空に変わっていた。

そんな空を眺めながらも私は、海よりも空よりも何よりも、嬉しそうにはしゃぐしげきの笑顔が嬉しかった。

そしてこの瞬間を残しておきたくなって、遠目からしげきの写真を撮ろうとした。

カシャ、という音と同時に、しげきがこちらを向く。

・・・あ、バレた。

 

「写真?」

 

「うん」

 

「あ、そう。上手くとれた?」

 

「うん、丁度こっち向いてて、なんか写真集みたいになった」

 

「マジかw」

 

そう言って明るく笑うしげきの様子に内心ほっとした。

その時の写真は本当にとてもうまくとれていて、その時から、しばらく私の携帯の待ち受け画面になったのだった。

 

展望台から降りると、一番奥の洞窟に向う。2人でゆっくりと洞窟を見て回り、洞窟を出たあとものんびり海を眺め、適当な定食屋でお昼を食べた。

時折、しげきの思わぬ発言に2人でお腹をかかえて笑ったり、言葉少なに海を眺めたりもした。

そのどんな瞬間も、とても自然な居心地の良い時間で、本当に幸せだった。しげきと2人でいて、「つまらない」と感じる時間はただの一秒もなかった。

 

 

鎌倉駅まで戻ると、竹林で有名だというお寺まで迷いながらたどり着き、迷った時間を取り戻すように、竹林のお庭を何周も歩いた。

そして再び鎌倉駅まで戻ってくると、近くのレストランになんとなく入る。

適当に入ったお店だったが、店員さんの配慮が行き届いていてとても素敵なレストランだった。

ここでもまた私達は「これ食べる?」なんて言いながら、お互いのものを交換こしたりして、本物の恋人同士のようだったと思う。

 

「ラストは、由比ガ浜だっけ?」

 

レストランから出た後のしげきの言葉にドキリとする。

 

「うん。この道まっすぐ歩いて行ったら、着くよ」

 

由比ガ浜は、浜辺の好きなしげきのためにデートの中に組み込んだ場所だった。

そして、夜に海辺に行くなら告白のスポットはそこしかないと、決めていた場所でもあった。

 

「おっ。ナイスリサーチ!夜の浜辺か~楽しみだな」

 

そう言いながらしげきは、いつも通りの雰囲気で私の少し前を歩いていく。

一方の私は、これから目の前のこの人に告白するのだと思うと、少し緊張感し始めていた。

 

浜辺までの一本道を歩く中、私達はあまり話さなかった。

きっとしげきは特になにも考えていなかっただけで、一方の私は緊張していたからだろう。

 

ところどころに立つ街灯だけが照らす一本道をひたすら歩く中、何度も、

 

「しげきの手を握りたい」

 

という衝動に駆られた。

けれどもそんな衝動が生じるたびに、「そんなことをしていいのか」と躊躇する気持ちも同時に湧き上がり、結局何もすることができなかった。

そんな自分が、とてももどかしかった。

 

「お、あれじゃね?」

 

私のもやもやとした思考を遮るように、しげきが嬉しそうな声を上げる。

目の前には由比ガ浜の砂浜が広がっていた。

 

 

つづく(14話:過去の話

 

この日は私達2人にとって、とても大きな意味を持った日だったと思います。

余談ですが(本文ではしげきの名誉のために変なことは書いてないんですが)、このデート中も、結構しげきはやらかしてくれました。女性と2人でデートしてるのに、それするか?みたいなの(笑)

また機会があったら書いてみますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください