草食系男子が3年越しに告白を決意した理由とは?~前編~

どうも、現役草食系男子のしげちゃんです。

 

今回は、僕がななおに告白しようと決断した理由について書きたいと思います。

 

 

本当に紆余曲折があり、一筋縄では語れないのですが、告白を決断した部分だけフォーカスして書きます。

 

 

友達から大切な人へ

 

ななおも自己紹介で書いている通り、ななおは過去に2回、僕に告白しました。

 

そのあとも時々遊びに誘われたのですが、僕は断っていました。

 

その時のことについては、また今度書きますね。

 

 

そして、また二人で会うようになったのは、ななおが最初に告白してくれてから3年後の11月でした。

 

 

ななおにご飯に誘ってもらったのをきっかけに、クリスマスイヴに映画も見に行きました。

 

あれ、今まで遊びの誘い断っていたのになぜ?と思いますよね。

 

 

まず、ななおが自分にとってものすごく大切な存在になっていたというのがあります。

 

 

僕は部活のことである問題を起こしてしまいました。

 

そのことで、部員に迷惑をかけましたし、不快な思いもさせてしまいました。

特にななおに迷惑をかけました。

 

その時にななおとかなり仲が悪くなり、話もしない時期もありました。

 

それでもななおは僕に向き合ってくれ、そのあとも部活を支えてくれました。

 

ななおからは、このとき僕と関わり合いたくないほど嫌いだったと聞きました。

実際、自分でもそれくらい酷かったと反省しています。

 

そのまま、呆れ果てて見捨てられてもおかしくありませんでした。

 

 

それでも僕と話し合ってくれ、僕のダメなところを指摘してくれました。

そして、部活を引っ張ってくれました。

 

そんなななおに僕は、申し訳ない気持ちと感謝しかありませんでした。

 

僕の過ちで起きた問題に、部員のため、後輩のために向き合ってくれたななおには今でも感謝しています。

 

そして、僕ともまた向き合ってくれたことにも感謝しています。

 

 

そんなことがあり、ななおは自分にとって、大切な存在になっていたのです。

 

 

このまま一緒に居られればいい

 

そして、また遊びはじめてから、確実に恋愛感情を持っていたと思います。

 

ただ、僕はその気持ちから目を逸らしていました。

 

その気持ちを認めるのが怖かったのだと思います。

 

好きという気持ちをななおに知られるのが怖かったのです。

 

なぜなら、「もしななおが僕のことを好きではなかったら、もう2人でご飯に行くことも、遊びに行くこともできないかもしれない」と思ったからです。

 

 

そして、僕は「ななおが俺のこと好きなわけがない」と思っていました。

 

これまで2回も告白を断っていましたし部活でも迷惑をかけ、もう恋愛対象になんか入ってないだろうと。

 

 

だから自分の気持ちも「きっと好きじゃないんだ。一緒にいたいと思うのは、友達として楽しいからだ」と偽っていました。

 

 

特にクリスマスイヴのデート後に、「好きなのかな?」と考えたのですが、「いや友達として好きなんだ」と自分の気持ちに言い訳をしていたのです。

 

「友達として好き」だったら、告白する必要もないし、このまま一緒にときどき遊べたりもできるし、それでいいじゃないかと思っていたのです。

 

しかし、その後…

ある「事件」が起き、もう僕は「好き」というななおへの気持ちに嘘をつけなくなったのです。

 

続きは、後編(こちら)で。

ではでは。

 

他にも記事書いてます。

 

草食系男子が好きなセックスのシチュエーションとは?

 

草食系男子が思う理想の女性とは?

 

ななおの記事は↓から

 

経験者が教える、辛い片思いを楽しく変えるコツとは?!

 

恋愛成就したいなら草食系男子を狙うのが一番の近道?!

ななおとしげちゃんの自己紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください