草食系男子との3年間⑩:三角関係解消 ~ななお篇~

 

こんにちは、ななおです。

前回はこちら、9話:焦りから。

目次はこちらから。

今回は10話です、どうぞ^^

 

三角関係解消

 

8月の中旬を過ぎた頃、ほのかが留学から帰ってきた。

ちょうどそのころ部活は強化連(毎日稽古がある時期)に入った頃で、

稽古の後に久しぶりにほのかと2人で話をした。

留学の話が聞きたかったのもあるけれど、それ以上にしげきのことをまだ好きなのか、今はどう思っているのか、ということを聞き出したかった。

 

学食のテーブルに座ると、ほのかは携帯を取り出して写真を見せてくれながら、本当に楽しそうに色々なことを話してくれた。

彼女はイギリスに行ったのだが、現地でとある中国人男性と仲良くなり、たくさんの刺激を受けたのだという。

そしてそんな彼の影響を受けて、もっとスキルアップしたい、勉強をしたいという気持ちになり、帰国した今でも連絡を取り合っているのだそうだ。

 

「え、じゃあ、しげきのことはどうなったの?」

 

そんな流れに乗っかり、ここだ、とばかりにさりげなく肝心の話を差し込む。

内心とてもドキドキしていて、ほのかの返事に期待していた。

 

「しげきさんかぁ~」

 

少し考え込む素振りを見せながらも、ほのかは続けた。

 

「普通に良い先輩だと思うけど、今はそんなに興味ないかな。」

 

その言葉を聞いた瞬間、心の中で大きくガッツポーズをした。

しかし念のため、もう一度確認する。

 

「え、あんなに夢中だったのにもういいの?その中国の人の方が良い感じ?」

 

後々面倒なことにならないためにも、しっかりとしたリサーチは重要なのだ。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、

 

「うん、やっぱり中国の彼に会って本当に勉強になったし、私も彼に追いつきたいし、もうしげきさんはいいかな。」

 

そういってほのかは、はっきりしげきにはもう興味がないと言ってくれた。

そしてさらに続けて、

 

「私もっとたくさん勉強したいから、夏合宿が終わったら部活やめようと思ってる。そうでもしないと彼に追いつけないし」

 

と言った。

そして実際、8月末の合宿の後、ほのかは本当に部活をやめ、中国語の勉強に取り組み始めることになるのだった。

 

それはほのかにとってはもちろん大きな第一歩に違いなかったが、

三角関係が解消された私にとっても、やっと大きく一歩を踏み出せる状態になったという意味で、とても大きな前進だった。

 

「やっとここまで来ることができた」、そう思った。

 

つづく(11話:夏合宿でのこと

 

ほのかが帰ってきて「しげきには興味がない」と言ってくれた時は本当にほっとしました。これで心置きなくしげきにアプローチすることができる、そう思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください